前へ
次へ

人材派遣の指揮命令者とは、派遣先も要注意

人材派遣には、派遣先において、派遣責任者と指揮命令者が存在します。
派遣によっては両方兼ねている場合もありますが、その違いについて押さえておいた方が良いでしょう。
派遣責任者は、人材を引き受ける責任者です。
人材派遣によって派遣された人は、指揮命令者の元で仕事を行うことになります。
正しい指示を受ける意味でも、派遣される人材と、指揮命令者は同じ部署内でなければなりません。
他の部署が人手不足であり、人手不足を派遣社員で補うのは違法です。
派遣先の注意として、人材派遣の派遣社員は、猫の手も借りたい何でも融通が利く人材ではありません。
契約以外の業務はさせてはならないため、例えば、グラフィックデザイナーやシステムエンジニアなどの派遣社員に対して、電話での営業や、電話番などの業務も注意が必要です。
人材派遣においては、雇用契約書に、派遣社員による苦情の申出先を記載する必要性があります。
これは、指導する指揮命令者と違う人物を指定しなければならず、派遣社員が働きやすい環境を作り出すのも必要になります。

Page Top